パーソナルコンディショニング・セラピスト 審査規定

 

パーソナルコンディショニング・セラピスト養成のための講習会規定

1)ジュニアパーソナルコンディショニング・セラピスト養成コース

1日5時間の初級講習会を8回受講して、筆記・実技試験に合格すること。

 

2)パーソナルコンディショニング・セラピスト養成コース

1日5時間の講習会(初級講習会の復習と応用)を2日受講して、試験に合格すること。

 

認定インストラクター 審査規定

 

 

インストラクター資格規程

 

1.ジュニアインストラクター

 

下記の要件を全て満たした場合、ジュニアインストラクターと認定する。

 

1)パーソナルコンディショニング・セラピスト養成コースを受講して。パーソナルコンディショニング・セラピストと認定されて3年経過していること。

 

2) シニアインストラクターの筆記・実技試験にパスすること。

 

2.インストラクター

 

下記の要件を全て満たした場合、インストラクターと認定する。

 

1) ジュニアインストラクターになり3年以上経過していること。

 

2) ジュニアインストラクターとして講習会の指導補助を40時間経験していること。

 

5) 実技試験及び口頭試問に合格すること。

 

 

 

3.シニアインストラクター

 

下記の要件を全て満たした場合上級インストラクターと認定する

 

1) インストラクターになり3年以上経過していること。

2) インストラクターとして講習会指導補助を50時間経験していること。

5) 実技試験及び口頭試問に合格すること。

 

 

 

. インストラクター審査法

 

1)     実技試験及び口頭試問について、インストラクター試験は、理事長を含む、ジュニアインストラクター以上の資格を持つインストラクター2名により行う。

) 受験者は理事長の指定した場所と時間において実技試験及び口頭試問を受けなければない。

 

 

 

ダウンロード
講習会タイムテーブル
初級の講習会内容が記載されています。
タイムテーブル パーソナル.xls
Microsoft Excel 39.0 KB